原状回復工事の依頼で設備を迅速処分できる|フェンスで変わる売上

女の人

共有部分の修繕

集合住宅

マンション管理会社をチェックする

憧れのマンションを購入しマイホーム生活をスタートして毎月の住宅ローンを完済すればそれで終わり、というわけにはいきません。新築で住み始めて10年経つマンション大規模修繕が必要となります。これは紫外線により防水塗装や外壁タイルの劣化が進み、その劣化箇所から雨水が侵入して劣化が進むことが原因です。マンション大規模修繕はまず修繕・補修の必要な箇所の調査から始まります。これは専門のコンサルタント会社に依頼することになります。マンション管理会社に依頼するとそこからコンサルティング会社に依頼することとなって中間マージンを取られるため高額になります。マンション大規模修繕は毎月積立している修繕積立金から賄われます。

専有部分も大規模修繕が必要

修繕積立金でまかなわれる修理は廊下やマンション玄関などの共用部分です。専有部分である個人の部屋の中は自身で修繕する必要があります。専有部分で大きい修繕が必要となるのは給湯器・キッチン・壁クロスなどが挙げられ特に給湯器は故障するとお風呂に入れないといった事態になってしまいます。なので普段からマンションの修繕積立金の他に自分の部屋の修繕積立を行っておくことが必要です。いざマンション大規模修繕を行う時にはマンション内で大規模修繕委員会を発足するところが多いです。そこで修繕をどのように進めていくのか議論されます。まずはコンサルタント会社に依頼するのか管理会社に依頼するのかが議論され、依頼業者を公募することもあります。